運輸安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 経営トップは、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させ、又、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たす。
  2. 安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上を図る。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表する。

2. 輸送の安全に関する目標の達成状況

  • 【期間】令和元年5月1日~令和2年4月30日
  • 人身事故 : 0件
  • 労災事故 : 1件
  • 荷物事故 : 3件
  • 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 : 0件
  • 転覆、転落、火災又は踏切事故
  • 死者又は重傷者を生じた事故
  • 危険物等が飛散又は漏えいした事故
  • 運転者の疾病により運行が継続できなくなったもの
  • 自動車の装置の故障により運行できなくなったもの
  • 国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示したもの

3. 輸送の安全に関する目標

  • 【期間】令和2年5月1日~令和3年4月30日
  • 人身事故 : 0件
  • 労災事故 : 0件
  • 荷物事故(損害賠償金額が10万円を超えるもの) : 0件
  • 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 : 0件